AGAは通販で安く簡単に改善!

ミノキシジルは発毛効果のある成分です。外用薬と内服薬があるので、ご自分に合っている方を利用しましょう。どちらも通販で購入できます。

ミノキシジルとは

ミノキシジル

ミノキシジルの効果

ミノキシジルとは、アメリカの製薬会社であるファイザー社によって開発された発毛効果がある成分です。はじめこの成分は、高血圧症など血圧が高い方が服用していた血圧を下げる薬の中に配合されていた成分でした。しかし、服用を続けると体毛が濃くなる多毛症の症状が副作用として見られ、頭部の脱毛に応用するために本格的に発毛剤としての研究が進められ、塗布するタイプの外用薬のロゲインの販売が開始されました。日本では同様の外用薬がリアップという商品として販売されています。

リアップ

ミノキシジルには、一時的に血流量を増加させ、血管を拡張させる効果があります。血流量が増加することにより、頭皮を活性化させ、酸素や栄養素が毛根の中心にある毛乳頭に運ばれ、毛髪が栄養を摂取することが出来るようになります。

血管を拡張させる効果がある

毛髪に栄養が行き届かないことで、抜けやすく細くなってしまい薄毛や抜け毛を引き起こすので、頭皮を活性化させることは有効な薄毛治療となり、高い効果を発揮してくれるようになります。しかし塗り薬の場合は、直接頭皮に塗り込むため、塗る場所によっては液だれしてしまい、特に額の生え際は、液だれしやすく十分な効果を得ることができないこともあります。また頭部全体にまんべんなくぬるのは難しくムラになりやすいです。このように液だれ・塗りムラが原因で高い効果が得られない時には、この成分が配合された内服薬もあります。

ミノキシジルタブレット

それがミノキシジルタブレット、ミノタブと呼ばれるものです。(※国内では未承認薬となっていますが通販で購入することができます。)体内から作用させることによって頭皮全体の育毛を促進してくれます。服用は1日2回で朝・晩と分けて飲むことによって1日の成分が平均的に行き届きやすくなります。

#

外用薬の場合は体内に直接取り込むものではないので、副作用はほとんどありませんが、肌に合わない場合はかぶれたり、炎症を起こす場合があるので、かゆみなどの症状が現れた場合には使用を中止するようにして下さい。内服薬であるミノタブは、動悸やめまい、倦怠感、全身の毛が濃くなるなどの症状が現れることがあります。また血圧を下げる作用があるので低血圧の方や血圧に関する薬を服用している人は注意が必要です。外用薬も内服薬も長期の使用によって効果が発揮されるので、脱毛症の改善をしたい方は、これらを踏まえた上で使用してみて下さい。

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルの外用薬

薄毛や抜け毛などの症状に悩まされている人は国内だけでも100万人以上といるとされています。AGA(男性型脱毛症)の場合は抜け毛が進行し続け、発毛のリズムが乱れてしまうために新たに毛髪が生えづらくなるので頭皮が目立ってきたり、額の生え際などが徐々に後退していってしまいます。

ミノキシジルの外用薬

そんな症状に悩む人のために開発された成分がミノキシジルという本来は血圧を下げるための薬で、副作用に体の毛が濃くなるという症状が見られたため、二次的な効果から育毛剤として研究されました。この成分を含んだ外用薬がロゲインという育毛剤で、アメリカで販売が開始されました。日本ではほとんど同じ成分のリアップという育毛剤がドラッグストアや薬局で販売されています。製品によって成分量が違い、1%~5%まであり、成分量が大きいほど濃度が濃く、効果が強いとされていますが、効き目が強すぎて頭皮がかぶれる場合があるので、自分に合った濃度のものを選ばなければいけません。成分量が少ないものは女性でも使用することが可能です。

フィナステリド

もしそれ以上にミノキシジルの成分量を増やしたい場合であれば医薬品通販で販売されているポラリスという製品があります。ミノキシジルを最大16%まで含有していて、なおかつフィナステリドというジDHT(AGAの原因となる物質)の生成を防ぐ成分も配合されているためさらに抜け毛防止効果が期待できます。

※ロゲイン、ツゲイン(ロゲインジェネリック)、ポラリスは日本未承認となるため通販でのみの販売となります。

外用薬の注意点

外用薬の塗布

外用薬の塗布によって頭皮がかぶれることがあるので、肌が弱いひとは使用前に少量をつかって試してみてください。その他にも薬の作用が頭皮から体内に吸収されることで、血圧低下によるめまいが起きる場合があります。内服薬よりは副作用がおこりづらいですが、肌に直接塗布するタイプなので頭皮トラブルが起きやすいのが弱点です。また塗布した際に液体が垂れてしまったり、うまく塗れない部分があるとと塗りムラができてしまい、思った場所に効果がみられない場合もあります。頭皮全体にむらなく効果を得たい人には内服薬をおすすめします。