AGAは通販で安く簡単に改善!

病院でのAGAの治療をしてもらう場合には様々な方法があります。ただし保険適用外なので、高額になってしまう事がほとんどです。

病院でのAGA治療

病院での治療

薄毛を専門的に治療する病院が存在しますが、通院したことがない方は具体的にどんな治療が行われているか知らないと思います。AGAの治療というとプロペシアやリアップなどの薄毛治療薬を思い浮かべる人も多いと思いますが、人によって薄毛の原因はそれぞれなので、それに伴い様々な薄毛治療法が行われています。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、プロペシアの有効成分であるフィナステリドや、ミノキシジルなど針や注射によって直接頭皮内部に吸収させる薄毛治療法です。最近では痛みを伴わないノーニードル育毛メソセラピーという方法を取り入れている病院もあります。

病院によっても成分は異なりますが、細胞の成長を促す成長分子や、血管を拡張させるヒアルロン酸、AGAの原因となる5α還元酵素を阻害する銅ペプチドなども含まれています。それによって毛髪に栄養を行きわたらせ、5α還元酵素を阻害し抜け毛を抑える効果があります。

このようにAGAへの効果は高いですが、基本的には継続して成分を吸収できる薄毛治療薬(プロペシアやミノキシジル)などと併用して行います。副作用として頭皮の赤みがみられる場合がありますが、時間がたてば落ち着くことがほとんどです。有効成分が直接頭皮に注入されるため比較的副作用は少ないといえます。

AGAがそれほど進行していない場合は薄毛治療薬でのみの治療も可能ですが毛根が委縮しているなど進行している場合はこの方法を勧められることもあるようです。もちろん1回の治療ですぐに効果がみられるわけではなく、およそ5~6回以上で半年くらいかけての治療が必要となります。AGA治療全般が自由診療となるため1回あたりの価格が15000円~50000円と病院によって大きく差があります。

HARG療法

HARG療法

HARG療法とは毛髪再生治療(Hair Re-generative theraphy)のことで、毛髪を再生させることで薄毛やAGAを改善する治療法です。幹細胞という人体の皮膚や筋肉などを形成する細胞から取り出した成長因子や、毛髪の再生に必要なビタミン、たんぱく質、アミノ酸などを配合したHARGカクテルを頭皮に直接注入することによって頭皮の状態を発毛する状態に再生させます。このHARGカクテルにはアレルギー物質が含まれていないため、過敏症の方や女性の方でも治療を受けることができます。ただし、ひとつ注意してほしいのが、完全に毛根の細胞が死んでしまっている場合は再生することが不可能なので効果が得られない場合があります。また針や注射などによる注入となるので頭部の痛みや赤みが見れられる場合があります。

基本的に3か月~半年で発毛効果が見られるとされています。3週間に1回の治療で6回の施術を行ったばあい発毛率は90%とも言われています。このようにメリットが多いHARG療法ですが、残念なことにコストが非常に高いというデメリットがあります。1回あたりの治療代が10万円以上かかってしまうので経済的に余裕がある人でなければ治療を受けるのは難しいといえます。

植毛手術

植毛手術

植毛とは頭皮に毛髪を植え込む方法で、合成繊維でできている「人工毛」と自分の髪「自毛」を植毛する2つの方法があります。人工毛植毛の場合、毛髪が少ない人でも行うことができ、多量に植え込むことができるので最初からふさふさの髪の毛になります。さらに手術の時間も短く、コストも安く済ませることができます。しかし体にとっては人工毛は異物と認識されるので必ず抜けてしまいます。そのため状態を維持するためのメンテナンスが欠かせなくなります。その都度お金もかかるため結局は高額になってしまうこともあり、抜け方によっては炎症などの頭皮トラブルなどが起きやすくなるためデメリットが多いとされています。

それに比べて自毛植毛の場合一生自分の髪がはえてくるため、メンテナンスなどの手間がいらず1回のみの手術で済むため費用も増えることはありません。また自分の髪を使うことで安全性が高いです。ただし思い通りの髪型になるまでは時間がかかり、半年から1年ほどかかる場合もあります。

どちらもメリット・デメリットがありますが値段か安全性の選択ともいえます。本数や範囲にもよりますが人工毛植毛は20万円~、自毛植毛は少なくとも80万円ほどかかります。ですが自毛植毛の方が安全性が高く、頭皮のことを考えた手術方法です。長い期間で考えると自毛植毛をお勧めします。