AGAは通販で安く簡単に改善!

薄毛の原因は、遺伝と思われ勝ちですが、最近はホルモンが大きく影響していると考えられています。

薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛と言いましても、症状は様々です。原因として1番多いのが、AGA(男性型脱毛症)という男性特有の脱毛症です。男性がハゲる原因は遺伝的なものだと思われている方は多いと思います。もちろん遺伝に少なからずとも関係はありますが、あくまでもハゲやすくなるというだけで、必ずしもハゲるわけではありません。親と祖父はフサフサなのに、自分は薄かったり、親と祖父は薄いのに自分はフサフサだったりと様々です。遺伝的要素プラス何かしら原因で脱毛症になってしまうという事です。

DHTの増加

一番の要因は男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることです。DHTが増えることにより、脱毛因子が増え、髪の毛が抜けやすくなります。またDHTが髪の毛の毛穴の乳頭細胞に付着してしまうと細胞分裂を行わないため、髪の毛が生えなくなってしまいます。

薄毛の原因

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、通常は数年かかって生え変わるのですが、このDHTが増えることによりヘアサイクルが短くなります。そのため髪の毛が成長しきれてないので通常時よりも細い髪の毛になってしまい、最終的には毛が生えてこなくなります。

男性特有なハゲ方としまして、額部分がM字になって薄くなっていくのと、頭頂部から丸く薄くなっていきます。5α還元酵素は前頭部から頭頂部に多く存在するためその部分のみハゲてしまうことになります。

その原因のDHTを生成させる5α還元酵素を阻害してくれるのがフィナステリドという成分ですが、元々は前立腺肥大症の治療に使用されていました。そのフィナステリドの含まれているプロペシアという治療薬を服用することで、DHTを生成させなくするので、ヘアサイクルも通常に戻り、進行を防ぐだけでなく、育毛や発毛も期待することができます。

毛髪の栄養不足

育毛や発毛も期待

またもう一つの薄毛の原因として考えられているのが頭皮の血行不良などによる毛髪の栄養不足です。AGA(男性型脱毛症)と同時に起きている場合があるため、プロペシアだけで髪が増えてこない場合は発毛が進んでいない場合があります。食事やマッサージだけでは血行不良を改善するのは難しいのでミノキシジルという血行を拡張させる作用のある成分を併用することで毛髪に栄養を届け発毛を促進します。

悩んでるだけではハゲは治りません。気になる方はなぜ自分はハゲてるのか、よく考え解決策をとりましょう。