ミノキシジルについて

当サイトに辿り着いた方は少なからずAGA(男性型脱毛症)に悩んでいるか、これからAGAになるかもと危機感を感じてる人かと思います。
いろんなサイトを見て知識もそれなりに持ってるかとは思いますが、ここで改めてAGA治療薬についておさらいをしてみたいと思います。
まずリアップの名前で有名になった「ミノキシジル」についてですが、もともと育毛剤として開発されたものではありませんでした。元々、ミノキシジルは高血圧の人の血圧降下剤として開発されたのですが、その開発過程で発毛効果が発見されて後、育毛剤・発毛剤として使われる様になりました。
血圧を下げる為の血管拡張作用が血流を良くして髪の毛に栄養が行くようになり発毛効果につながったと見られています。
ミノキシジルを含んでいる薬としては「ロゲイン」という医薬品もあります。経口ではなく、塗布タイプの育毛剤です。

もう一つAGA治療薬の世界で有名なお薬があります。
「プロペシア」という「フィナステリド」という有効成分を含んだAGA治療薬です。
このフィナステリドもミノキシジルと同様に最初からAGA治療薬として開発されたものではありませんでした。
当初は前立腺肥大症の治療薬として開発されていました。その開発経過の中でフィナステリドを服用した被験者から「髪の毛が生えた」と言う報告があり、以後AGA治療薬として使用されるようになりました。

フィナステリドを含むAGA治療薬は日本では「プロペシア」だけですが、海外では「フィンペシア」と言う薬も販売されています。有効成分はプロペシアと同じフィナステリドですから効果も同じような効果が期待できるかと思います。
「フィンペシア」の他にも「エフペシア」「プロスカー」と言った名前で同成分の薬が販売されています。
これらの多くは海外医薬品の個人輸入で処方箋無しで購入できます。
お値段も日本でプロペシアを処方してもらうのに比べてかなり割安で購入できるのは嬉しいところです。

実績もあるこれらのAGA治療薬ですが、薬である以上副作用もあります。
その副作用の為、以下の症状を持ってる人はミノキシジルを使用できないとされています
・心臓病の方
・高血圧の方
・高血圧の治療薬を服用されてる方
・未成年
・頭皮に問題のある方

またプロペシアも、
・女性
・未成年
・前立腺の病気の方
はプロペシアを使用してはいけないとされています。

本来はこういった薬に頼らずに済めばいいのですが、いざAGAとなったら迷わずにお世話になろうと思います。