AGAは通販で安く簡単に改善!

プロペシアは通販で購入可能なAGA(薄毛)に効果的なAGA治療薬です。服用することで抜け毛を改善し毛髪の成長サイクルを整えます。

プロペシアとは

プロペシア

プロペシアとはアメリカの製薬会社であるメルク社によって開発された世界初の医療用の経口型薄毛治療薬です。プロペシアにはフィナステリドという有効成分が含まれてます。はじめこの成分は前立腺肥大症の治療薬として販売されていましたが、その後の研究によって男性型脱毛症において毛髪の成長が見られたためAGA(男性型脱毛症)の治療薬として日本を含めた世界の60カ国以上で承認されています。

98%の人がプロペシアの服用で抜け毛を改善

DHTが発毛を抑制する流れ

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロン(男性ホルモン)が5α還元酵素によって変換されることで生成されます。このジヒドロステロンが毛乳頭(発毛・脱毛を指令する部分)に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長している毛髪に対して退行や、休止を促します。それによって毛髪の成長が止まり細い毛髪が増えたり、抜け落ちてしまうので毛髪が薄くなってしまいます。プロペシアにはジヒドロテストステロンを生成する5α還元酵素を阻害するため、毛髪が抜けるのを防ぎ、毛髪の成長サイクルを整えることで発毛させる効果があります。

プロペシアを服用した人の98%に人が抜け毛の進行を抑えることに成功しています。実際に髪が増えた人も多く半年で約50%、1年で約60%、2年で約70%、3年で約80%と、経過とともに発毛効果が高くなるといえます。また髪の長さや、太さなど質の面でも改善が見られ、頭部の全体(髪の生え際、前髪など)にも効果があるため従来の育毛剤とは多きく違います。

プロペシアの服用方法

プロペシアの服用

プロペシアの服用は1日1錠の服用で、朝昼晩好きなタイミングでOKです。できるだけ24時間一定の間隔をあけて服用することで体内の成分濃度を一定にすることができて効果的です。1度の服用で発毛効果があらわれるわけではなく最低でも6か月以上の継続が必要となります。(※服用している期間は献血は行わないでください。)

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアの主な副作用として、胃の不快感、勃起不全、性欲減退などがみられる場合がありますが発現頻度は低いとされています。また稀に肝機能障害を引き起こすとされているので肝臓などに持病のある場合は医師に相談のうえ服用してください。プロペシアの服用は成人男性に限られ、女性・未成年は服用禁忌となっています。特に注意が必要なのが妊娠中・授乳中の女性で、摂取によって胎児や乳児に影響を与える恐れがあります。プロペシアによって生成を抑えられるジヒドロテストステロンは思春期までの男性の成長にとっては欠かせないものなのです。服用はもちろん、成分に触れることで吸収してしまう場合があるので、割れている錠剤などを触らないように注意してください。

プロペシアとミノキシジルの併用

プロペシアとミノキシジルの併用

薄毛治療に有効なプロペシア・ミノキシジルの2つの薄毛治療薬ですがプロペシアは抜け毛防止、ミノキシジルは発毛促進に有効とされています。そのためどちらの効果も得たい場合は併用することが可能です。

併用で相乗効果

プロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)という抜け毛を促す物質を生成する5α還元酵素を阻害します。そのためAGA(男性型脱毛症)でDHTだけが原因となっている場合は抜け毛を抑えることが可能です。しかしAGAの場合頭皮の血行不良による毛髪の栄養不足などが原因で毛髪が生えてこないことも少なくありません。抜け毛が治まったところで、生えてこなければ薄毛は改善されません。

そこでミノキシジルを併用して血管を拡張させることで、毛髪に栄養を行きわたらせ、毛髪の成長サイクルを整えることができます。このようにDHTを抑制し、頭皮の血行を促進することがAGAの治療には必要となります。2つの薬を併用したからといって副作用を強めたり、体に悪影響を及ぼすなどということはありません。

副作用(注意点)

注意点

ただしそれぞれの薬の副作用には注意してください。プロペシアの副作用では男性機能障害(勃起不全・性欲減退)や胃痛などが見られる場合があります。また女性や未成年の服用は禁忌となっています。ミノキシジルの副作用では嘔吐、めまい、動悸、血圧低下などが見られる場合があります。それぞれ副作用の発現率は低いとされていますが、症状が現れない人もいれば、複数の副作用が現れる人もいます。個人差があるため体に異変を感じたら服用を中止、もしくは併用をやめるようにしてください。

内服薬を2種類飲むのが不安という方でしたら、内服薬と外用薬の併用でも2つの効果が得られます。またポラリスといってプロペシアの有効成分フィナステリドとミノキシジルの両方が配合された外用薬あります。外用薬の場合は肌がかぶれたりしない場合は副作用はほとんど起きないとされているので組み合わせて使うのも賢い治療法といえます。

通販で安く購入

プロペシア通販で安く購入

紹介した薄毛治療薬のプロペシアですが日本の薄毛治療専門の病院などでも取り扱いはあります。しかし残念なことに、保険が適用されないので全額自費での診療・処方となります。そのため、病院によって差がありますが最低でも月6000円以上の出費となります。高い病院では薬だけで月1万円以上取る場合もあるようです。またミノキシジルについてはミノキシジルを含んだ外用薬のリアップが薬局で購入することができますが、1本(1か月分)7000円ほどと高額となります。薄毛治療は継続することが重要となるので、これでは経済的に余裕がない人は治療を断念せざるを得ません。

そこでおすすめしたいのが通販での購入です。通販ではプロペシアの取扱いに加えて、ジェネリックのフィンペシアの販売があります。フィンペシアは日本では承認されていないため通販でしか購入出来ませんが、同じ成分・同じ効果で1か月分が1500円ほどと安く購入することが可能です。薬が安く購入できるのはもちろん、診察代が必要ないので負担になりません。またミノキシジル外用薬のリアップの海外版ロゲインのジェネリックであるツゲインが1か月分2000円ほどで販売されているので日本で購入するよりはるかにお得です。

ツゲイン

他にも日本で認可されていない内服薬であるミノキシジルタブレットやミノキシジルとフィナステリドの両方を配合している育毛剤のポラリスなど、国内では購入できないものも取り扱われているので何をしても改善できなかった薄毛が解消できるかもしれません。これらもジェネリックがあるので安く購入が可能です。

プロペシアとミノキシジルの併用でさらに薄毛治療に効果があるとされているので通販での購入なら併用しても病院よりも安く抑えることができます。通販で安く同じ効果のものを購入できることで、病院同様の治療を無理なく継続することができますね。

関連記事

薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛には遺伝以外にも、ホルモンなど様々な原因があります。原因によって治療方法も異なりますので、まずは原因をしっかり理解しましょう。

日常生活でのAGA改善

日常生活でのAGA改善

日常生活を気をつければ、薄毛改善の近道にもなります。睡眠時間、食生活などは特に気をつけるようにしましょう。

プロペシアで抜け毛とさよなら!

プロペシアで抜け毛とさよなら!

40代で抜け毛が増えてきてプロペシアを利用し、抜け毛が減ってきた方の体験談です。継続して使用する事が大切です。

2年目でミノキシジルを卒業

2年目でミノキシジルを卒業

ミノキシジルを通販で購入してフサフサになった男性の体験談です。通販で安く購入できたので継続して効果を得る事ができたようです。